フリーランス発電所

WEBフリーランサーのブログ

このブログは、これから起業・副業したい個人がマーケティングスキルを身につけて、外部から制約の受けないレバレッジの効いた仕組みを低コストで構築していくために役立つ情報をお届けしています。

起業する前に知っておきたい理想のビジネスモデルの作り方

起業する前に知っておきたい理想のビジネスモデルの作り方

こんにちは!WebコンサルタントのKentです。

 

今日は売れる理想のビジネスモデルの作り方についてお話していこうと思います。

 

ビジネスをしようと志した時に、ほとんどの人が最初につまずくのがこの「ビジネスモデル」を考え出すところです。

 

アイデアが出ないからって、安定するまでは、とりあえず代理店など販売代理ビジネスやろうとか思っちゃったりしていませんか?

 

なんとなく考えている人が実は結構多いんですよね。

 

先に僕の経験談からお伝えしておくと、起業前にビジネスモデルをしっかり考えておかなかったおかげで、いろんな手法に翻弄され、目的と違うことを沢山やってしまったりして、結果的に軌道が乗るまでにコストが上がりまくってとにかく死にかけました。

 

そんな無駄なコストを増やさないためにも、まず最初に売れるビジネスモデル作っておくことが大切です。

 

では、その売れるビジネスモデルって言うのは一体なんなのでしょうか?解説していきたいと思います。

 

 まず自分が優先させるものを決めよう

 

まず、ビジネスモデルを考える時に重要なこととは、自分が目指す理想のビジネスの形を想定して「優先順位」を決めておくことです。

 

僕の理想のビジネスの形というのは、小さく極力少ないコストで始めることができて、収益性の高いビジネスです。いわゆる「スモールビジネス」と呼ばれるやつですね。

 

ビジネスを構成する要素はいくつあるんですが、それらの中で何を自分が優先させるのかを決めるということが大切です。

 

大きな要素としては、

  • マーケットの規模とのびしろ
  • 自分の納得度や楽しさ
  • キャッシュフローの優位性

僕は理想のライフスタイルを実現するためにも、こう言ったことを考慮して、いつもビジネスモデルを作っていってます。

 

理想のビジネスをやる時の優先順位

 

僕のように副業からビジネスをはじめて起業を目指すなら、オススメの優先順位はこうなります。

 

1,自分の納得度や楽しさ

 

スモールビジネスは自分の決定権が大きい分、モチベーションがとても左右されやすいです。

 

日々の仕事とか業務が全く楽しめない、事業のビジョンにワクワクを感じない状況だと、モチベーションの低下とともに、ビジネス自体も停滞して最終的にはストップしてしまいます。

 

逆に、ワクワクして毎日楽しー!って日々楽しさや充実感を持ってビジネスの上に携われると、高確率でいい方向に向かって行けます。

 

ビジネスで成功したいなら、自分が納得でき、楽しさを感じるようなビジネスは何だろう??という観点を優先して探す必要があります。

 

2,キャッシュフローの優位性

 

次にキャッシュフローの優位性を考えます。

 

例えば、初期コストが低いビジネスであったり、即金性の高いビジネスであったり、投資した資金の回収が早いビジネスであったりですね。

 

僕の場合は、将来的に大きくビジョンを描けるものであっても、必ず足下に落とし込んでローコストでプレスタートできるビジネスモデルを推奨しています。

 

さらに言うと、コストは一定量なのに対して、売り上げは右肩上りになっていくような構造を強く意識しています。

 

売上に対して、変動費が比例しないようなビジネスですね。物販系だと、 売上が上がるほど仕入れも増えるので一番最初にやるビジネスとしては、あまりお勧めしていません。

 

できるだけコストを最小化して離陸することを目指すのがオススメです。

 

3,マーケット規模とのびしろ

 

3つ目に、市場の規模やの伸びしろを考慮していきます。

 

自分でスモールビジネスを展開していくと考えた場合、多くても数千万円程度の売り上げを目標にしてスタートするため、実際に優先順位は低いです。

 

どんな狭い業界でも、しっかりマーケティングをすれば個人で3000万円程度の売り上げをあげることは可能だからです。

 

実際に僕のクライアントの方々も、 経営者向けのコミュニティ以外にも、ダイエット、妊活、瞑想、アーユルベーダ、男性向けの美容、犬のしつけなどのコンテンツを好き勝手やっていますが、みんな一定数の顧客数を獲得することができています。

 

ここで大切にしたいのは、

  • 流行とかトレンド 、景気といった条件に左右されにくく、一定の需要がいつも存在している
  • モデリングできる競合が常に存在していて、そのリソースをスイッチすることができる

です。

 

ここは「稼ぎたい」「成長したい」「かっこよくなりたい」「綺麗に美しくなりたい」「もてたい」

といった、人間の根本的な欲求にリーチできるとかなり有効です。

 

他にも、「集客」とか「人材採用」とか「 経費削減」とかは、法人に必ず発生するニーズがあればいいですね。

 

そこにマーケットがあるのか ?に目を向けると同じ価値を提供している競合が存在しているか分かりますよね。

 

そこで売上をしっかりあげることができているのを確認できたら、そこに自分なりの切り口に加えてアプローチすれば、新しく訴求していくことができます。

 

売れるビジネスモデルを作る前に

 

理想のビジネスモデルを作るイメージはできてきたでしょうか?

 

いきなりプランを探したり、考えたりしてもなかなか出てこないものですよね。そもそもビジネスとは、「理想の人生を叶えるための鍵」となる仕組みです。

 

現状の社会に対して全くもって満足していて、何も言うことがなく仙人みたいに悟りを開いているなら、新しいビジネスを生み出すことはできません。

 

社会に対してこれじゃだめだ!」「ここが足りない!」「完璧じゃない!」こういった問題を修正するための構造が、ビジネスとして形になります。

 

だから、何か新しいビジネスを生み出そうと思ったら、まず自分の理想の人生がどういったものなのかを認識することが大切ですね。

 

その理想の人生を送るために、今の社会に足りていないものが 「ビジネスモデル」になるのです。

 

やりたいことがないなんて言っている人は、 自分がどこに向いているのかを認識できていないだけですよ。

 

まだ、理想の人生の方向性がわかっていないということです。生きている限り、方向性が無い 人なんていませんから、探せば必ずどこかに向けて進 んでいけるのです。

 

ということで、まず自分がどんな人生が理想の人生だと思っているのかを細かく分析してみましょう。その理想の人生を送るために足りていないものを作ってビジネスにしていけばいい。

 

それが、勝手にオンリーワンになっていくということです。

 

理想の人生の見つけ方

 

では最後に、あなたの人生の方向性、ビジネスをモデルをどうにか見つけてもらうために、誰でもできる簡単な理想の人生の見つけ方を紹介させてもらいますね。

方法は超かんたんです。紙を用意して、

  • 社会に対してつまらないこと
  • 社会に対しておもしろいこと

この2つを書き出してみてください。

 

つまらないなら「なぜつまらないのか?」、おもしろいなら「なぜおもしろいのか?」その理由を考えてみてください。

 

すると、不思議と共通項が出てくると思います。色んな趣味をやってきたけど、おもしろいと感じている部分はほとんど同じだったり、不平不満はあるけどつまらないと思う部分は同じだったりするもんです。

 

このおもしろいと思う先に、自分が理想としている人生があります。また、このつまらないなと思っている先の反対側に、同じく自分が理想としている人生があるのです。

 

その理想があなたのビジネスを生み出すベースになります。

 

その理想の人生を送るために社会に足りていないものを考えると、必要なものが見えてきますね。

 

この必要なものを、自分が好きなことを利用して実現していくのが、最も手堅いビジネスのはじめ方になります。

 

このワーク、すごく効果的なんで、是非やってみてください。

 

おわりに

 

あなたはどんな生き方が理想ですか??

 

その生き方のために、社会に足りていないものは何でしょうか?

 

その足りていないものを作るのがあなたの使命かもしれませんね。それが自分のビジネスになった時、間違いなく人生がめちゃくちゃ楽しくなります。

 

本日も素敵な1日を!

0.0 rating

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top