フリーランス発電所

WEBフリーランサーのブログ

このブログは、これから起業・副業したい個人がマーケティングスキルを身につけて、外部から制約の受けないレバレッジの効いた仕組みを低コストで構築していくために役立つ情報をお届けしています。

フリーランスは誰でも簡単になれる? 意外かもしれない自由な働き方

フリーランスは誰でも簡単になれる? 意外かもしれない自由な働き方

こんにちは!WebマーケッターのKentです。今日は意外としられていないフリーランスの働き方について話したいと思います。

 

ぶっちゃけ、フリーランスで稼ぐのは簡単 だし楽。その理由は、何かスキルやリソースさえあれば、それを教えたり、代わりにやってあげることで仕事になるからです。

 

基本的に時間を切り売りしなければいけないのだけがデメリットかなというところだけど、それでも、本業を持ちながらでもビジネスを構築できて、給料の2、3倍稼いでいる人も珍しくありません。

 

独立して完全フリーランスという働き方をすれば、サラリーマンのように毎日会社にも行かなくてもよくなるし、無駄の多い会議なんかにも出席しなくてもいいし、ホント制限されることがなくなるので、自由に暮らせます。

 

今はクラウドワークスやBizseekココナラと言ったサービスで仕事を取ることもできます。ただ、プラットフォームに乗れば利益がピンハネされるので、利益率は下がるのであまりオススメはしません。

 

それよりも、パソコンやスマホがあれば、集客口となるブログやYoutubeチャンネルを作って運営すれば、直ぐにいくらか仕事なんてとれてしまいます。

 

ちゃんと需要のあることを選んでやれば、いつでもどこでもビジネスになってしまうのに、お金を稼ぎたいと言っている人が、なぜやらないのかが不思議なくらいです。

 

でも、まだまだフリーランスって何?という人も多いんですよね。アメリカではすでに50%の人がフリーランスという働き方なのに、日本はまだ17%程度らしいです。

 

そりゃ知らないわ。笑

 

ということで、フリーランスってどういうふうに定義されているのかを解説しましょう。

 

フリーランスの定義

 

フリーランスっていうのは、基本的には企業や団体とかに雇用関係がなく、単発で仕事を請け負う人のことを言います。

 

正社員だと、勤務先と企業と雇用契約を結んでいますよね。派遣社員だったら、派遣会社と雇用契約を結んで仕事をします。

 

これに対してフリーランスは、個人で単発の仕事で契約を結ぶという感じになります。

 

分かりやすく言うと、「ホームページ作って!」とか「ブログの記事を書いて!」とか「部屋のインテリアコーディネートをして!」とかお客さんからの依頼があって

 

こんな感じで仕事を 請け負うということです。

 

「◎◎を教えて!」っていうのも依頼のひとつですね。コンサルタントに依頼がよくあるパターンです。

 

契約の仕方は相手との交渉次第で決まりますが、期間で契約するとかそういうのもあります。

 

つまりフリーランスとは、働き方契約のやり方を指す言葉であって、フリーランス自体が職業ではないんです。←ここ勘違いしている人多い。

 

フリーランスとして活動している人が多い職業といえば、 IT 系のプログラマーや Web デザイナー、カメラマン、イラストレーター、コピーライターといったクリエイティブな仕事をしている人たちです。

 

他にもコーチ、コンサルタント、セラピスト、弁護士、税理士、司法書士といったひとりでビジネスをやっている人たちもフリーランスと何ら変わりません。

 

具体的にどの職業が当てはまるという明確なものはなく、なんでもフリーランスとして仕事になるのかなと思っています。

 

最近では社会でも広く多様な働き方が認められてきているので、多くの人が自分に合った働き方を見つけてフリーランスとして活動していく人が少しずつ増えてきています。

 

単発で契約を交わせると言うのが強みで、自由なワークスタイルとして注目を集めています。

 

フリーランスは個人事業主?

 

よく、聞かれることにフリーランスは個人事業主なのかということなんですが、フリーランスで働く人は個人事業主である人が大半ですが、個人事業主とは税務上の所得区分なので、必ずしも「フリーランス=個人事業主」というわけではありません。

 

個人事業主の中には、 ネットショップをやったり転売をやっている人もいます。こういう人たちはフリーランスとは一般的に読みません。しかし、そこから教える系のサービスなんかを展開していけば、フリーランスと呼べますね。

 

株式会社や合同会社と言った法人を設立してフリーランスという働き方をする人もいます。法人にすると、経費として使える幅が広がるので、ここは利益が大きくなってきてから切り替えるのがオススメです。

 

ほとんどは人は、個人事業主という認識で間違いありません。

 

フリーランスってこんな感じです。

 

最後に一言でまとめておと、個人のスキルやリソースを使って、個人で仕事を請け負うことが自由にできる働き方ってことです。ネットフリーランス1年目の教科書では、自由に働くフリーランスとして、「仕事を創る、請け負う」といった仕組みの作り方を無料で学べる教材を配っているのでぜひ受け取ってください。

 

下記のリンクからすぐダウンロードできます。

 

0.0 rating

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top