稼げるフリーランスの寺小屋☆フリーランス発電所

マーケティングスキルで差をつけ稼ぐフリーランスに

Subscribe / Share
このブログは、これからフリーランスで活躍したい、ビジネスに挑戦したい個人がマーケティングスキルを身につけて、外部から制約の受けないレバレッジの効いた仕組みを低コストで構築していくために役立つ情報をお届けしています。

ブログやHPから集客出来ない根本的なミスの原因はコレ

ブログやHPから集客出来ない根本的なミスの原因はコレ

こんにちは!

マーケティングコンサルタントのKentです。

 

よくお客様から「ブログやホームページを利用して集客したいけど、うまくいかなくて困ってるんです。」と相談を受けます。

 

そこで私が必ず聞くことは、

 

ブログにアクセス解析が正確にできるツールを入れていますか?

 

ということ。もし、ブログやホームページに「アクセス解析ツール」を入れていないんだったら、集客するのは一生無理です。

 

なぜかというと、正確に数字を把握できているかどうかを知ることが、Webマーケティングにおいてめちゃくちゃ大事なことだからです。

 

ただ残念ながら、アメブロと言った無料ブログのアクセス解析はめちゃくちゃですので、全く正確に把握することはできません。

 

だからアクセス解析は別のツールを使って正確にやらない限り、把握しているうちに入りません。

 

こういった状態でメディアを利用しても集客できないと言っているのは、当たり前の事なのです。

 

目標設定が間違っている

 

あなたがこの状況を打破するためには、目標設定の方法を間違えていることにも気づかなければいけません。

 

WEBメディアにおける集客というのは、具体的に数字を目標にしなければダメなんですね。

 

例えばこないだ、「 ブログを使ってフラワー教室に集客したいんです。」という相談を受けました。しかし、彼女の目標には全く具体的な数字が入っていませんでした。

 

私が、「ブログを使って何名集客したいんですか?」と聞くと、「月25名の集客をしたいんです。」と返ってきました。

 

さらに、「その25名はどうやって教室に申し込むんですか?」と聞くと、「ブログの記事に告知と申し込みフォームを載せているので、そこからご連絡いただくつもりです。」

 

と言ってきました。 ⇒これでやっと具体的な目標が決まったということなんですね。

 

最初の目標 →「 ブログを使ってフラワー教室に集客したいんです。」

 

設定後の目標 →「 ブログの告知記事を読んだ人が申し込みフォームから申し込む。目標定員は25名。」

 

わかりやすく言うと、これが本来設定するべき目標なんです。

 

で、告知記事から25名程度の申し込みを獲得したいなら 、あなたのブログの告知記事を何名の方が合計で見れば良いのかがわり出せます。

 

ブログに来た1%の人が申し込みをしてくれると仮説を立てれば、ブログ記事に2500名程度の方が見れば、25名くらいのお申込みがあるでしょう。

 

ということは、告知記事自体を見てくれる人数を把握する必要があるのです。たってもしかしたらその記事を見たのは20名かもしれないので、それでは絶対に目標の25名には届きませんからね。

 

ちゃんと測定できていない状態だと、まさにこういったことが起こり得るのです。

 

例えばもし、告知自体を記事ではなくブログのトップページのヘッダーの下などで行っているとしたら、トップページのUU数を調べることになります。

 

月間で2,500人の方がトップページを見てくれて、そのうちの1%メールをお申し込みしてくれれば25名の集客が達成できます。

 

WEB集客の基本っていうのはこういうことなんですよ。簡単でしょ??w

 

アクセス数とコンバージョン

 

何人が見に来て、何人が行動したのか?

 

これを アクセス解析では、「アクセス数」と「コンバージョン率」と言います。

 

例えば、先ほどの例で言うと

 

2500人(アクセス)→1%(コンバージョン)→25人(成果)

 

という形で明確に集客でできます。

 

アクセス数を増やせば、

 

5000人(アクセス)→1%(コンバージョン)→50人(成果)

 

となりますし、

 

コンバージョンを増やせば、

 

2500人(アクセス)→2% (コンバージョン)→50人(成果)

 

となります。

 

同じアクセス数でも、コンバージョンが1%上げることができれば、売上は倍になるってことですよね。

 

アクセスを増やしたい場合は、露出を増やすよう施策を考えていきます。

 

例えば、

 

・ 記事の更新数を増やす

 

・ SEO対策をする

 

・ 広告を出す

 

・他のメディアなどで告知をする

 

・ SNSなどを使って友だちに紹介をしてもらう

 

こんな感じで施策はいろいろありますね。コンバージョンを上げたい場合は、申し込みまでの導線を強化するこの考えます。

 

こちらは、

 

・ 入り口を増やす

 

・キャッチコピーを強くする

 

・特典をつける

 

・ 体験したお客さんの声を載せる

 

などユーザーが行動おこしやすいように工夫をしていきます。

 

実は、やる事ってたったこれだけなんですよね。

 

数字さえ把握できれば、やることはほぼ決まってしまいます。 Web マーケティングには「法則」というものが存在するので、どんなケースでも100%改善することができます。

 

アクセス数やコンバージョンを改善するには、実際にそんなにやることはないのでシンプルに考えていけばいいのです。

 

「問題点が分かれば、その問題は8割程度改善したようなものだ」とよく言いますが、 WEB マーケティングの世界では、問題点が分かれば10割解決できます。

 

うまくいっていない人は、ただ問題点が分かっていないだけ。それだけなんですよ。

 

基本的なことですが、 WEBマーケティングの第一歩目は、数値で測れる目標を作ることです。

 

今日の話を聞いて「できてなかった。」と言う人は、今日から数字の目標を意識して立てるようにしていきましょう。

 

問題は解決できそうですか?本日も素敵な1日をお過ごしください☆

0.0 rating

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top