フリーランス発電所

WEBフリーランサーのブログ

このブログは、これから起業・副業したい個人がマーケティングスキルを身につけて、外部から制約の受けないレバレッジの効いた仕組みを低コストで構築していくために役立つ情報をお届けしています。

Instagramマーケティングで目指すべきKPIと運用のポイントをご紹介

Instagramマーケティングで目指すべきKPIと運用のポイントをご紹介

こんにちは!WebマーケッターのKentです。

 

さて今回は Instagram マーケティングで目指すべき KPI と運用のポイントについて解説していきたいと思います。

 

こういったことを意識して運用するかどうかで、成果は大きく変わってきます。

 

Instagram に限らずですが、運用効果を得るためには、目的に応じた目標設定をすることが大事なのでポイントはしっかり押さえておきましょう。

 

他の SNS と比べると、取得できるデータはそれほど多くないので指標の意味を理解してしまえば目標は立てやすいと思います。

 

Instagramマーケティングってなんぞやって方は前回の記事を先にご覧になってからどーぞ!

 

今更聞けない!Instagramマーケティングの基礎

 

1,フォロワーの獲得

 

Instagram では他のSNSと違って投稿を複数のユーザーにシェアすることができません。

 

こうした決まりがあるので、フォロワーの数がそのままユーザーへのリーチ数となるため、 フォロワーを獲得していくことが目標になります。

 

Instagram はどれだけ良質なコンテンツを投稿し続けても、他のユーザーが勝手に広めてくれてフォロワーが自然に増えていくというサイクルはあまり期待できません。

 

なので、直接鉄筋にフォロワーを増やす施策というのを考えて、適宜実行していく必要があります。

 

よくある施策というのは、他のメディアやチャネルを使って何かしらのキャンペーンを活用したフォロワーの獲得です。

 

前提として、ユーザーが参加したくなるようなメリットを提示しておく必要がありますが、キャンペーンに参加してもらう時に「フォローしてね!」と勧めることで直接的にフォロワーを獲得することが期待できます。

 

またキャンペーンの参加条件に、「 指定したハッシュタグ「#」をつけて投稿してね!」と呼びかけることで、接点のない他のユーザーに自社のことやキャンペーンの存在の認知につながります。

 

Instagram 外では自社サイト、実店舗(メニューや看板)、SNS、ブログで告知する導線をあらかじめ設計しておくことで効率的にフォロワー獲得を狙えるでしょう。

 

あと、Instagram 内では投稿でハッシュタグ「#」を対応するのが効果的です。

 

1投稿につき10個くらいまでのハッシュタグ「#」なら全然使っちゃって大丈夫です。

 

2,「いいね!」とコメントの獲得

 

続いては「いいね!」とコメントの獲得 を目標にしていきましょう。

 

投稿に対して、「いいね!」をつけたり、コメントを付けたりしてくれたユーザーは、少なからずあなたのことに興味を示しているということです。

 

投稿ごとに、こうしたエンゲージメント(共感)の数を把握するようにしておきましょう。

 

自分の投稿に対してのいいね!やコメントは インスタの下部から見ることもできますが、 マーケティングを行う際はそれだけでは不十分です。

 

本来はツールを使うなどして必ず個々の投稿を表示させて具体的なエンゲージメント数を把握していきましょう。

 

ツールについては次回ご紹介いたします。

 

エンゲージメントの確認によって、自分のフォロワーがどんな投稿に興味を示してくれているのか、どんな投稿に反応してくれるのかという 傾向が分かるようになります。

 

そういうのを参考にして、投稿内容を見直していくことでユーザーとの関係性をどんどん高めていくことができるようになります。

 

3,ハッシュタグ「#」

 

ハッシュタグ「#」は投稿する写真や動画との関連性の高いものをつけるのが一般的です。

 

自分の名前、会社の名前、商品ブランド名など関連するハッシュタグ「#」を含んだユーザーの投稿は、自社に関することを話題にしてくれているのを測る、一つの指標として捉えることができます。

 

つまり、自社に関連するハッシュタグ「#」が多いほど話題になったり、認知度が高まったりしているということなんですね。

 

そのため、ハッシュタグ「#」の出現数を定期的に把握して、目標値を設定しておくことも重要です。

 

ハッシュタグ「#」の出現数は、 Instagram のSEARCH ボタンからハッシュタグ「#」検索で把握することができます。

 

Instagram は量より質で攻める

 

Instagram では ビジュアルに期待する感度の高いユーザーが多いことから、質の高いコンテンツによってユーザーが楽しむことができているSNSだと言えます。

 

タイムラインの流れが速い Twitter は、写真の質よりもテキストで書かれた新鮮な情報を頻ぱんに求められますよね。

 

Instagramは 、みんなが評価するポイントは高品質な写真で投稿内容が面白いなど感情に訴えかられるものなので、頻ぱんな投稿はあまり重要視されていません。

 

つまり、Instagramの投稿は量よりも質で攻めるのが合理的な運用方法だと言えます。

 

ユーザーのファン化を狙う

 

これまで話してきたように、Instagramではユーザーを意識した質の高いコンテンツを投稿していけば自分のアカウントのフォロワー、つまりファンになってくれることが期待できます。

 

直感的に、「この人の投稿をまた見たいわ!」と思わせるコンテンツ作りが必大事ということです。

 

ポイントとしては、

 

  • 投稿の内容に対して親近感、共感を感じること
  • 投稿者に対して親近感、共感を感じること

 

などが挙げられます。

 

つまり、アカウントに対して親近感を持っているファンを増やせば、商品購入など実際にアクションを起こしてもらいやすくなるということです。

 

さいごに

 

Instagram マーケティングは最初にも言ったように、ビジュアルメディアなので、ジャンルによって向き不向きがあります。

 

写真写りの良いコンテンツ、写真が向いているコンテンツなら相性はいいんですが、それでもやはり Instagram 単体での認知を高めるのは難しいです。

 

なので、効果的な運用方法としては他の SNS と組み合わせて活用するのがおすすめです。

 

すでに活用している Twitter や Facebook、ブログへ Instagram から投稿することで他の SNS のフォロワーが Instagram のアカウントに気づいてコンテンツを見てくれるという使い方になります。

 

本日はここまでです。次回はKPIを効果的に計測できるツールのご紹介をしたいと思います。

 

今日も素敵な1日をお過ごしください!

0.0 rating

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top