稼げるフリーランスの寺小屋☆フリーランス発電所

マーケティングスキルで差をつけ稼ぐフリーランスに

Subscribe / Share
このブログは、これからフリーランスで活躍したい、ビジネスに挑戦したい個人がマーケティングスキルを身につけて、外部から制約の受けないレバレッジの効いた仕組みを低コストで構築していくために役立つ情報をお届けしています。

ツイッターのつぶやき方と目標設定の重要性

ツイッターのつぶやき方と目標設定の重要性

こんにちは!Kentです。

 

ツイッターでマーケティングを開始する場合においても、予め目的と目標を設定しておくことは大切です。

 

これが明確になっていないと何をどうスイートしたらいいのかよく分からなくなったり、 Twitter の運用がうまくいっているのかを検証することもできません。

 

なのでまずは目標を設定してから運用していきましょう。

 

つぶやきの上達は まず沢山つぶやけ!

 

「何をつぶやいたらいいかわからない」

 

「つぶやくネタがないよ!」

 

「私のつぶやきは大して面白くない」

 

こんな心配はしなくても大丈夫です。はじめは誰だってうまく書けません。

 

今たくさんフォロワーが付いている人だって、最初はみんなめちゃくちゃなツイートばかりしていました。

 

これはたくさんつぶやくことによって鍛えられていきます。

 

以前、マインドセットの話でしたように、これは量質転化の法則に乗っかれば解決していくことができます。

 

圧倒的な量のつぶやきをしていくことによって 、つぶやきの質もよくなるということです。

 

リツイートやいいね、返信など反応が取れてくるとどんなつぶやきをしたら反応が取れるのかだんだんわかってくると思います。

 

単純に量をこなすだけでなく、常につぶやきが良くなるように改善の視点を持って圧倒的な量をつぶやいていきましょう。

 

圧倒的な量についてですが、つぶやき初心者は「1日3〜10ツイート」を目安として3ヶ月は継続したほうがいいでしょう。

 

1日2〜3回しかつぶやかないアカウントよりも、アクティブなアカウントのほうが短期間でフォロワーを増やしやすい傾向にあります。

 

エンゲージメントを意識しろ!

 

ツイッターの目標を設定を考える上でも、「エンゲージメント」の概念はよく登場します。

 

商品やブランドなどに対するユーザーとのつながりや関与を意味する言葉ですが、 Twitter 上ではアカウントに対するフォロー、ツイートへのいいねの数、リツイート、返信 、リプライなど ユーザーの行動を指します。

 

こうしたエンゲージメントが得られると、ユーザーとの関係性が深まり、リツイートされたりして どんどんリーチが拡大させることができるようになります。

 

ツイートした情報の拡散に繋がりやすくなるため、このエンゲージメントを高めるということを運用上で意識して行きましょう。

 

つぶやき3つのコツ

 

つぶやく時には、以下の3つのコツを抑えてツイートしてみてください。

 

1, ターゲットを意識する。別の章で設定したペルソナで大丈夫です。

 

2,自分のアカウントを客観的に見る。

 

3,改行や句読点、できれば写真を入れて見やすくする。

 

1,ターゲットを意識する。

 

つぶやく内容はあなたがフォローしたいと思っている人が興味をもってくれそうな内容をつぶやく必要があります。

 

せっかくつぶやきの反応が取れても、全く関係のない人から反応をもらっても意味がありません。

 

2,自分のアカウントを客観的に見る。

 


うまくつぶやけている客観的に知ることは意外と難しいですが、 全く知らない人が自分のアカウントを見た時にどう思うのかというのを考えるのは非常に大切です。

 

3,改行や句読点、できれば写真を入れて見やすくする。

 

改行や句読点のないつぶやきは発揮して読みづらいです。

 

たとえ140文字とはいえ、 読みやすいかどうかというのも、ユーザー目線に立って考えてみることはとても大切です。

 

いくら飯つぶやきをしても読まれなかったら意味がありません。読み手のことを考えて読みやすいつぶやきをすることが大前提です。

 

また文字だけよりも、写真付きの方が一目でパッと理解できるのでプロモーションには効果的です。

 

つぶやきは資産化できる

 

反応が取れたつぶやきは、あなたの情報資産になっていきます。

 

どういうことかといいますと 、反応が取れたつぶやきは=共感してくれたと見れるので価値があります。

 

これを200〜300個集めることによって、自動つぶやき(BOT化)ができるようになります。

 

後々、こういったBot化したつぶやきにリンクを貼って流しておくことで商品を販売することもできるため資産になるわけです。

 

つぶやきの自動化により、自由な時間を作ることができたり、旅の移動中に報酬を発生させたりすることができるようになります。

 

マーケッターという仕事は、 セールスレターを書いたり、メルマガを書いたり、 コンテンツ制作したり、他のメディアに寄稿したり、アイデア出ししたり常に忙しくTwitterに 張り付くというわけにはいきません。

 

なので「自動化できるものはどんどん自動化する」という意識を持つことが大切です。

 

そうすることでビジネスに自由な時間が生まれるのです。

 

インフルエンサーほど溜めず回す

 

お金持ち=信用持ちだと思ってますが、言葉通りインフルエンサーほど信用を稼いでいくのがうまいです。

 

ツイッターで信用を稼ぐとは、良い情報は自分の中で溜めずに回してくれることを言います。

 

わかりやすく言うと、

 

他人の良い情報も積極的に拡散してくれる⇒人から感謝される⇒信用される⇒お金がまわってくる

 

こういうサイクルが動いているのです。

 

いい情報はなるべくというか絶対に「いいね」ではなく「リツイート」していきましょう。

 

そのほうが結果としてフォロワーが増えやすくなります。

 

ツイートに困ったら

 

集めたいフォロワーのターゲットが決まったけど発信する内容がないぞ!という方におすすめな方法は、ニュース記事や他人のブログをシェアするということです。

 

インフルエンサーの方も普通にバンバンシェアしていますからね。自分がいいと思った生地に関しては臆することなく、一言自分の言葉を添えてリツイートしていきましょう。

 

そうすることで、いつも新鮮な情報を届けてくれているからフォローすることで最新の情報を常にキャッチできるというふうに思ってもらえるのです。

 

Twitter は140文字しか文字を入力できないので、記事の内容をわかりやすく要約してリツイートしてあげることで拡散率が上がります。

 

ほとんどの人は記事を読まないから、要約してあげることで助かるんです。 またリツイートすることで意識が高い人だと認められたい、人から賢く見られたいとそう思っているのです。

 

ユーザーのそんな欲求が満たせるように、内容を要約したついツイートしたくなるようなツイートを心掛けていきましょう。

 

本日はここまでです。お疲れさまでした。

0.0 rating

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top