フリーランス発電所

WEBフリーランサーのブログ

このブログは、これから起業・副業したい、フリーランスで活躍したい、ビジネスに挑戦したい個人がマーケティングスキルを身につけて、外部から制約の受けないレバレッジの効いた仕組みを低コストで構築していくために役立つ情報をお届けしています。

情報弱者を狙った悪質セールスに騙されるな!「ネットで稼ぐ」とは

情報弱者を狙った悪質セールスに騙されるな!「ネットで稼ぐ」とは

こんにちは!Kentです。今日もブログにメルマガにと、たくさん情報収集していますか?

 

私は職業柄、勉強や情報収集のためにいろんなメルマガに登録したりしてます。特に、 Webマーケティングの分野は大好きなのでいろんな情報をチェックするようにしているわけですが。

 

ただですね、ここ最近、(いやずっと前からか・・・www)ネットビジネスや仮想通貨で稼ぐみたいなプロダクトローンチという手法を使ったゴミ商材を高額で売る商材が本当に多くてびっくりします。

 

どこから引っ張ってきたんだろうと言うような演技の下手くそな劇団員を使って、ドヤ顔で演技させて、次々と情報弱者さんをカモにしています。見てて思うんですが、いくらなんでもやりすぎですよ。

 

楽して目の前の問題をクリアしても良くならない

 

別にどうやって稼ごうと自由なんですけど、最近のプロモーションの多くはやっぱり教育者としてのスタンスに欠けているなと思います。

 

私が思う教育者ってのは、スタンスとか信念みたいなものが大切だと思っていまして、みんな自分なりの形で世の中をよりよくしていきたいという美学みたいなものが無いと努まらないと思うんですよね。

 

つまり、コーチ、コンサルセラピストになってFacebookやらインスタやらラインでボロ稼ぎしてます・・・とか、「◯◯使って稼ぐ方法」みたいなのをその場その場で何度も使いまわしにして、販売している人ってどうななん?

 

って感じなんですよね。もちろん、どんなメディアでも使っても、年令問わず稼ぐ方法はあるわけですが、それをわざわざ小学生でも稼げましたって、、、汗

 

何もわかっていない人を、自分のノウハウで無理やり稼がせて、一次的に100万円を握らせて何がしたいんやという話ですよ。

 

こんなのは、テストで点を取りたい学生を集めて、カンニングペーパーを配って金を巻き上げたことと同じです。このカンニングペーパーを利用して目の前の問題をクリアにしたとしても、その後の学生の人生は悪くなることがあっても良くなることはないと思います。

 

これをあたかも、「私は偉い先生です!」みたいな感じでドヤ顔で情報弱者にノウハウを販売するのは、ホントカスです。本当に。

 

稼ぐことは魔法じゃないですから。

 

Web稼ぐとはなんぞや!って話を少し、

 

先に言っておくと、Webで稼ぐのは「商品ありき」です。

 

売れる商品がまずないと絶対に無理です。Facebookで稼ぐ、ラインで稼ぐってフェスブックやラインからお金を貰えるわけじゃありません。

 

これらは基本的に、アクセスとコンバージョンを調整するためのツールですから、どんだけうまく使っても自分で商品を持っていないと1円にもなりません。だから、メディアの使い方を教えている人は、このアクセスとコンバージョンの上げ方を教えているだけなんです。

 

ソレ以上何もない。わかりやすく言うと

 

・Facebookで稼ぐ方法➡FacebookでアクセスとCVRを上げる方法

・ラインで稼ぐ方法➡アクセスとコンバージョンをあげる方法

 

というだけです。で、それぞれメディアに特徴があるので、例えばFacebookだったら実名登録するメディアだからターゲティング精度が高くお客さんを絞ってアプローチできるから無駄がないとか、ツイッターは拡散しやすいからアクセス上げやすいとか、ラインは開封率が高いからCVRを上げやすいとか、

 

そういった違いを上手く活用して自分のビジネスをやったらいいだけです。ただそれだけです。

 

1週間で1200万円の利益

 

とかよく言われますよね。Facebook広告を活用したら、素人でも1週間で1200万円手に入れられたとか。あのぉ。ビジネスは魔法じゃないですからね。

 

Facebook広告という魔法を使ったら1200万円稼げるって話じゃないですから。その人が1200万円を手に入れたということは、顧客に直接1200万円の商材を販売できたか、誰かの商材を1200万円以上販売したってことです。

 

直接販売したということなら、自分の商品があったということです。でも、素人が1週間で自分の商品を生み出して、1200万円も販売できるなんてあり得ないですからね。普通に考えて。

 

10万円でも厳しいですよ。そういうこと。ということは、おそらく誰かの商材を借りてきて、メディアを利用してアクセス集めて1200万円以上のCVRをとったと。

 

こういう販売代理やアフィリエイトは、報酬が多くても50%。でもほとんどは10%とかそんなもんです。

 

1200万円手元に欲しかったら5000万くらいは売らないといけませんね。10%だったら1億以上売らないと・・・。

 

売上は単価✕購入数で分解すれば分かる話で、5000万円売るんだったら中身わかりますよね。

 

50万円の商品だったら100人に販売しなければなりません。

 

成約率って大体1%とかなんで、50万円の商品を買う見込みのある人を最低でも10000人集める必要があります。

 

要するにその方法を教えますよってことですからね。

 

稼ぐ方法というのはつまり・・・

 

ビジネスと言うかお金を稼ぐことは単純です。ただ何度も言うけど、ビジネスは魔法ではありません。

 

数字です。数字が大事。数字は売上、顧客数、単価、コストのことです。

 

こうやって分解できるんですよ、、全部。稼ぐ方法というのはつまり、顧客を集める方法か、単価を上げる方法か、コストを下げる方法か、このこの3つしかないと言うことです。

 

自分の知らない魔法があって、その魔法を使ったらお金が振り込まれるというわけじゃないですから騙されないようにしてください。

 

顧客を集めて、商品を購入してもらって、そこにかかるコストを下げることで利益になります。

 

お金を稼ぐ方法はこれしかありません。それをいかに、Webで効率よく実現するのかということですね。

 

カモにされないように気を付けて!

 

なので、このような基本的なことというか、一番大切なことを省略する人は信用しないほうがいいですね。

 

自分のノウハウを魔法みたいに見せてくる人は、あなたを舐めています。 残念ながら、ネットビジネス業界にはこういった人がわんさかいてるんです。このブログを読んでいる人に限って限ってカモになるはずはなないと思っていますけど。

 

魔法っぽく見せたノウハウに飛びつく人が後をたたないから、ずっと怪しい業界のままなんですね。

 

まずは自分だけのオリジナルコンテンツを作ろ!

 

さっきも言ったんですが、 Web で稼ぐには、そもそも自分の商品がないといけないですよ。

 

フェイスブックで稼ぐとか、 line で 稼ぐとか、そんなノウハウばかり追いかけていては、価値を創ることから逃げ続けていることと一緒なので、いつまでたってもビジネスは安定しません。

 

安定しなければ、いつまでも魔法使いの時にお金を振り込み続けることになってしまいます。

 

アフィリエイトで稼ぐっていう選択もあるけど、最終的には自分で価値を作り出せる人が一番強いに決まってます。

 

他人の商品を売る技術があるんだったら、本当自分の商品を設計した方が成長できるし、利益だってたくさん残ります。

 

1からコンテンツ(商品)を 作って、ネットで継続的に販売する仕組みを構築するオンラインプログラムを丁度開催しているので、もし興味があれば参加してみてください。

 

0.0 rating

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top